日本全国に店舗展開をしている、
「ファッションセンターしまむら」

デザイン性も高く、幅広いオシャレアイテム
を低価格で購入できるということから、若者
や女性モデルを中心に人気が急加速した
ファッションメーカーです。

「プチプラファッション」というと必ず出る
と言っていいほど人気ブランドですね。

そんなしまむらの歴史は古く、
現在のしまむらの前身である、
「島村呉服店」が開業したのは、
なんと1953年(今年で64歳!)なんです。

歴史を感じさせることなく、常に
ファッショナブルなアイテムを発信している
しまむら。

過去には、全身しまむらアイテムでコーデ
した人を「しまラー」と呼び、当時流行語
になり話題を呼んだこともありました。

毎シーズンごとに、しまむらアイテムを
チェックする女性ファンも多く、
SNS上で「#しまパト」というハッシュタグ
をつけ、上手にアイテムを使って
オシャレコーデを公開し「いいね♡」を
たくさん貰っている人も見かけますよね。

また、サイズ展開も広く、太め体型の方にも
嬉しい3L4Lサイズまで揃っているんです。

現在は地方都市で店舗を見かけることが多い
しまむらですが、今後は東京や大阪などの
大都市部への店舗開発に力を入れているよう
です。

今後もより一層「プチプラファッション」
を手助けする身近な存在になりそうですね。

スポンサーリンク


◼︎40代太め体型・しまむらコーデ:アウター&トップス



まずアウターのご紹介です。
暗い色合いのアイテムが増える冬に差し色
として使える、深みグリーンのロングコート
です。

色物が苦手な方でも、落ち着いたグリーン
は使いやすいのではないでしょうか。

色合わせが難しいと感じる場合は、こちらの
方のように、くすみ系カラーでまとめると
シックなプチプラファッションを作ることが
できます。

また、落ち感のあるワイドパンツや、
とろみ系ニットは目線を下に下に落とすこと
ができるので、上半身にボリュームのある
40代の方でもシルエットをスッキリと見せる
ことができます。

カラーコートは、1枚羽織るだけで
オシャレ度やセンスもアップするので、
プチプラファッションを楽しむアイテムと
してとてもオススメです。


こちらはショート丈のカーキブルゾンです。

ノーカラーで角のない丸みのある形なので、
メンズライク感が強いカーキブルゾンでも、
女性らしさほどよく力の抜けた小洒落感
を演出することができるデザインアイテム
です。

ノーカラーなので、首元にマフラーで
アクセントをつけてもOKです。

たくさん色を使いすぎないことも、
カジュアルの品格をアップさせるコツです。

こちらのプチプラファッションは、
ワントーンコーデの上からブルゾンを締め色
として使用しています。

ショート丈はスタイルアップにもなりますが
やはりお尻や太ももが目立つアイテムでも
あります。

そのため、ボトムスはワイドパンツなど
体のラインが出にくいものを選びましょう。


こちらはしまむらのカラーニットです。

冬に映えるノルディック柄は、飽きのこない
定番アイテムでもあります。

カラーもマスタード、ボルドー、ネイビー
など幅広く展開しています。

特にこちらのニットはトレンドの
ボトルネックになっていますので、
タートルネックと比べて少し首が見えること
ですっきりとした印象になります。

タートルネックだと首が詰まり、顔が大きく
見えてしまう方は、こちらのデザインを
チェックしてみてください。

また、柄ニットはカジュアル感が増すため、
チノパンやスニーカーなどの合わせにとても
合います。

ほっこりニットは、ガーリーさを高める
アイテムですが、写真のようにカジュアルな
カーキダウンを合わせることで、ギャップの
ある女性
を表現することができます。

オフの日には、柄ニットを使った
カジュアル&ラフなプチプラファッションを
楽しんでみませんか。

◼︎40代太め体型・しまむらコーデ:スカート&ワンピース



カジュアルアイテムだけでなく、きれいめ
アイテムも販売しているしまむら。

働く40代女性にとっても強い味方なんです!

こちらのスカートは、フレアシルエットかつ
ひざ丈のベーシックデザインです。

とろみトップスをインして合わせるだけで、
オフィスカジュアルにも使える
プチプラファッションが完成しちゃいます。

無地のブラックスカートは、
1枚持っておくとどんなコーデにも応用が
効くアイテムです。

最近はフレアスカートやキルティング
スカートが人気になっていますが、
40代女性だとやはりきれいめシルエットは
要チェックアイテムですね。


こちらは、コーデュロイ生地の
フレアスカートです。

コーデュロイは、ほどよくツヤ感があるので
40代の方でも上品なガーリースタイルを作る
ことができます。

また、丈もミモレ丈なので、ヒールを
合わせると足首とふくらはぎを細く見せる
ことができます。

鮮やかなカラーアイテムは、手持ちの
アイテムと合わせにくいことが多いのですが
しまむらのスカートは使いやすい
くすみカラーが多いことも特徴です。

カラースカートに合わせるトップスは、
ブラックだとシックな印象に、
明るいカラー(ホワイト・アイボリーなど)
だと正統派の大人レディなコーデになります。

コーディネイトにエレガンスさをプラス
できるフレアスカート。

カラー初心者の方も、プチプラファッション
となると挑戦しやすいのでは♡


次は、レースワンピースを使ったレイヤード
コーデ
のご紹介です。

こちらの40代の方は、
ブラックのタイトデニムのスウェットの間に
レースワンピを忍ばせています。

とてもカジュアルで新鮮な印象になって
いますね。

パンツの上からレースを重ねることで、
足の形を隠せるだけでなく、落ち感のある
ロング丈で目線を下&縦に流させ、細見え
コーデ
を作ることができます。

また、レースだと生地が薄いので、太め体型
の方が重ねても着膨れの心配がありません。

腰回りが太めの40代の方の場合、
タイトデニムだと腰張りが目立ってしまう
ので、テーパードパンツを選ぶことを
おすすめします。

こちらのコーデで注意していただきたいのは
トップス(この写真だとスウェット)は、
なるべく短めの丈のものを選ぶことです。

お尻を隠そう隠そうとして、ミディ丈の長め
トップスを合わせてしまうと、レースを
使って演出する「縦長レイヤード」が、
逆に重く野暮ったく見えてしまうからです。

少し丈を意識してコーデをすることで、
いつものマンネリコーデを打破することが
できそうですね。

◼︎40代太め体型・しまむらコーデ:パンツ



しまむらのデニムは、デザインも多く、
どんな体型の方でも使えるアイテムが
たくさんあります。

中でもおすすめなのは、CMでもおなじみの
裏地あったかパンツ」です。

ブーツインさせ、MA-1をざっくりと
羽織ってボーイッシュなスタイルを作って
いますね。

こちらのデニムの特徴は、

①なめらか裏地 
②ストレッチ加工 
③すっきりシルエット


の3つです。

冷え性の方は、デニム1枚の下にタイツを
履いて防寒しようとすると、ゴワついて
足が太く見えてしまうことがありませんか?

しかしこのデニムだと、
1枚で暖かい&すっきりと履くことができ、
デイリー使い間違いなし!

まさに進化したデニムと呼んでも過言では
ありません。

ウエストも58cm〜73cmまで揃っており、
太め女性の方でもストレスフリーに履く
ことができます。

また、カラーバリエーションも16種類と多い
ため、コーデの可能性をグンと高めることが
できそうですね。

ほどよいゆるさを残したサイズを選ぶと、
写真のように足のシルエットをごまかすこと
ができ、華奢に見せることができます。

                 
最後は、定番人気のワイドパンツです。

こちらのパンツは、
ハイウエスト&ウエストリボン付き
という、美脚&脚長効果抜群のアイテムです。

オフホワイトのコートを上から肩掛け、
40代ならではの品の良さをプラスした
プチプラファッションですね。

ハイウエストパンツは、ぽっこりお腹が
気になる女性におすすめのアイテムです。

また、ワイドパンツは足をまっすぐに見せる
ことができるので、O脚やX脚の方はもちろん
太ももやふくらはぎが気になる方におすすめ
のアイテムです。

こちらのパンツは、必要に応じて
ウエストリボンの取り外しが可能なため、
スタイリッシュなコーデの日はオフ、
そしてガーリーコーデの日はオンして、
その日の気分でいろいろな着方を楽しむこと
ができそうですね。

ハイウエストパンツを使う場合、
トップスはタイトなものを合わせるとモード
な印象に、ゆとりのあるサイズのものを合わ
せると、今年トレンドのゆるカジュアル
印象を作ることができます。

まだまだ定番人気のワイドパンツ。
今年はしまむらで、マイ定番パンツを1枚
見つけてみてはいかがでしょうか♡


以上、冬におすすめのしまむらアイテム
を使ったプチプラファッションをご紹介
しました。値段は安いがデザインは豊富!

ユニクロやGUだと、お友達や知り合いと
アイテムがカブってしまう不安がある方、
4万〜5万のアイテムがあるしまむらなら、
きっとオリジナルのスタイルが作れるはず*

同時に、多くの商品からアイテムを見つける
「お気に入りアイテム発掘」を、
今年はしまむらで行ってみませんか♡

今回はしまむらの記事でしたが、
最新コートスタイルも気になりますよね?
こちらに最新記事をまとめましてので、
よかったらご覧ください!
<<<コートスタイル>>>