女性に生まれたからには、

「いくつになってもオシャレでいたい!」

そう思っている40代の方も多いのではない
でしょうか。

今回は、

・ 足が太い
・ ぽっちゃり体型
・ 肩幅が広い
・ 身長が高い
・ 身長が低い


の5大お悩み体型を上手にカバーした
プチプラコーデをご紹介したいと思います。

スポンサーリンク


「足が太い」は「錯覚」を上手に使って細身せ



足が太い方が短めのボトムスを合わせる場合
5cm以上のヒールを履くようにしましょう。

また、タイツと同じカラーのシューズを
合わせることで、目線が途切れることなく
足をグンと長く細く見せることができます。

こちらの40代の方は、ふんわり丸みを帯びた
コクーンシルエットのスカートにニットを
合わせ、太もももカバーしつつ、きゅっと
くびれを印象付けていて、
下半身をコンパクトに見せていますね。

品のあるチェック柄スカートは、
40代女性でもかわいらしく着こなすことが
できるアイテムなのでおすすめです。

なかなか良いスカートが見つからない、
という方は、まず手始めにタイツとシューズ
のカラーを合わせる、というところから
チャレンジしてもOKです。


こちらの40代の方は、ニットワンピに
グレータイツとホワイトスニーカーを
合わせたカジュアルスタイルです。

厚みタイツは、カジュアルな中にも
女性らしさガーリーさを加えることが
できます。
(GUでは、リブタイツが590円で
販売されていますよ)

定番のブラックタイツはもちろん、
実はこちらの方のように明度の低いグレーは
自然とふくらはぎの裏に「」ができるので
前から見た時にふくらはぎの幅を狭く見せる
ことができるんです。

厚みタイツは、ストライプ柄を選ぶことで、
より細見せ効果を高めることができます。

モノトーンコーデでも、それぞれの
アイテムトーンを少しずつ変えることで
コーデに奥行きをもたらすことができて
いるオシャレさんです。


どうしても足を出すことに抵抗がある・・・
という40代の方は、こちらの方のように
ミモレ丈スカートやレギンスを組み合わせ
すっぽり隠してしまいましょう。

スカートの色と同じレギンスを合わせると、
コーデに統一感が生まれると同時に、
小粋なスタイリングに変化していますね。

もちろん、ミモレ丈スカートにタイツを
合わせてもOKですが、あえてヒールで素肌を
見せることで、抜け感を作ることができ
オシャレ度が一気に上がります。

ゆるいVネックニットも、デコルテを美しく
見せることができ、40代ならではの色気を
プラスすることができています。

カーキスカートは、ユニクロやGUなどの
プチプラブランドでも人気アイテムです。

自分に合う丈を見つけて上手に
プチプラコーデを楽しんでみてください*

「肩幅」の悩みは「シルエット」を上手に使って華奢見せ



肩幅が広い方やいかり肩が悩みの方は、
冬アイテム「マフラー」を使うことで
お悩み解決できます。

マフラーはどんな巻き方をしてもいいわけ
ではなく、「ボリューム」作りを意識する
ことがポイントです。

首元にボリュームを作ると、自然と肩幅を
狭く見せることができます。

マフラーで首を太くさせることで、肩幅との
差を縮小している、ということですね。

同時に、ボリュームマフラーは目線が上に
引き上げられ、カジュアルかつモード
こなれ感を演出できる、という一石三鳥
アイテムなんです!

40代の方だと、知的な雰囲気を作れる
グレーマフラーがおすすめですよ。

そもそも、肩幅が広がってしまっている方
は姿勢が悪く「猫背」によって肩の骨が前
に巻き込んでしまっているという理由が
大半です。

毎日少し意識することで改善されることが
ほとんどですので、日頃から自分の姿勢も
チェックしてみてくださいね。


マフラーをしない場合は、コートの
シルエットがポイントとなります。

こちらの40代の方は、ノーカラーの
チェスターコートにホワイトスカートを
合わせ、女性らしいリラックススタイル
を演出しています。

このコートは、ウエストの縛りがなくストン
と落ちるシルエットなので、ウエストや
ヒップラインも一気に隠すことができる
アイテムです。

また、ジャストサイズではなく、全体的に
ゆとりのあるデザインになっているので、
肩から腕にかけて流れるようなシルエット
を作ることができます。

肩幅が広い方や、いかり型の方でも、
自然と華奢に見せることができそうですね。

コートシルエットは大きすぎると逆に体が
膨張して見えてしまうのですが、
絶妙な「野暮ったさ」がプチプラコーデを
オシャレに格上げしてくれること間違いなし
です。

「身長」+「体型」の悩みは「コーデの強弱」を作ってバランスをとる



次のお悩みは、「高身長+ぽっちゃり体型」
の方におすすめのコーデです。

身長が高い分、より大柄に見えてしまう
ぽっちゃり体型の方は、
コーデに強弱をつける
ことがポイントです。

こちらの40代の方は、Vネックニットを
ふんわりAラインスカートにウエストイン
させ、足元はシンプルにタイツとヒールで
まとめていますね。

ニットをインさせることで、ウエストを
引き締めて見せています。

また、フレスカートは、お尻や太ももを
上手にカバーでき、下から出る足を細く
見せることができるアイテムです。

上から、首元はスッキリ、ウエストは
コンパクトに、下半身は広がりを持たせ
つつも見せる部分は細く、というバランス
コーデになっており、

ぽっちゃり体型を上品にカバーできています。

自分の自身のある部分
(デコルテ、腕、ウエスト、足首など)を
見せる(魅せる)部分をあらかじめ計算する
こともポイントになります。


次の「高身長+ぽっちゃり体型」さんは、
マーメイドスカートを使ってコーデに動きを
加えています。

トップスはパーカーでカジュアルですが、
マーメイドスカートを合わせることで、
女性らしいほんのりカジュアルにまとめ
あげていますね。

高身長さんは、縦長ではなく、ところどころ
に横へのボリュームをプラスすることで、
のっぺり感を無くすことがポイントです。

デザインスカートは1枚で主役級になれる
アイテムですので、他アイテムはシンプル
にまとめましょう。

上からだんだんと濃いカラーアイテムに
変えることで、よりプチプラコーデに
安定感をプラスすることができています。

差し色を使わないプチプラコーデをする場合
トーンに変化をつけるだけでもセンス良く
見せることができます。


次は、「高身長+痩せ体型」の方におすすめ
のプチプラコーデです。

一見、スタイルが良くうらやましい限り
なのですが、横から見た時に薄い体つきの
高身長さんは、どうしてもメンズライクな
印象
が強くなってしまう方が多いのでは
ないでしょうか。

そんな40代の方には、こちらの方のコーデ
を是非参考になさってみてください。

こちらの方のプチプラコーデは、
すべてのアイテムにゆとりがあることが
ポイントです。

ワイドデニムやゆったりニット、コートは
袖を通さず肩掛けし、横に横にボリューム
を作っていますね。

カジュアルでありつつも、白ソックスに
バレエシューズを合わせ、マニッシュな
印象
を与えています。

痩せ型の方は、重ね着やボリューム
シルエットを意識し、女性特有の丸みを
含ませた
プチプラコーデを作るように
意識しましょう。


次は、「低身長+ぽっちゃり体型」の方に
おすすめのコーデです。

私自身151cmという低身長なので、
身長や体型の改善コーデにはいつも苦労
している1人です。

まず、身長を高く見せるポイントは、
目線を縦に流す工夫」が必要となります。

こちらの40代の方は、デニムにロングシャツ
を合わせ、ノースリーブニットを重ねた
レイヤードコーデを作っています。

ニットとデニムだけだと、ニットとデニム
の境目で一旦目線が止まってしまうので、
より小さく低身長を強調しかねません。

目線の流れを止めず一気に下に流すためには
ロング丈シャツがとても便利です。

シンプルなロング丈シャツは、
視線を流すことができるだけでなく、
上からニットを合わせても、重ねたシャツが
お腹まわりやお尻の間に空間を生み、体の
ラインが目立たなくなるのです。

1枚でワンピース風に着ることもできる
シャツは、持っていて絶対後悔しませんよ*

また、下に合わせるデニムは、こちらの方
のようにゆとりシルエットだとラフな
カジュアル
に、スキニーなどのタイトな
シルエットだとモードカジュアルに変化
させることができますので、

ご自分の好きなスタイルに合わせて選択
してみてくださいね。


こちらの「低身長+ぽっちゃり体型」さんも
よく見るとニットの下に後ろが長い薄手の
インナーを1枚加えていますね。

しっかり太もも〜お尻にかけてカバーでき
ています。

インナーはサイドにスリットが入っており、
横から見た時も太ももを細く見せることが
できますので、お尻が隠れる丈のトップス
を選ぶ際のポイントにしてみてください。

また、ボリュームのあるスニーカー
合わせているところも、全体の細見せ
ポイントとなります。

シンプルなスニーカーだと足元がコンパクト
になる分、上半身のぽっちゃり体型が
目立ってしまうので、ハイカットスニーカー
やボリュームソールを合わせて重心を下に
落とすことができるからです。

ボリュームソールは低身長さんだと
スタイルアップ効果にもなるので、
いろいろなコーデに使えそうですね*


こちらの方は「低身長+痩せ型体型」の方に
おすすめのプチプラコーデです。

低身長さんで華奢な体型は、大人っぽい
コーデを作ろうとすると、かえって子供っぽ
く見えてしまった経験はありませんか?

そんな時は、「高身長+痩せ型体型」の方の
時と同様、ボリュームアイテムを使って
お悩みを改善することができます。

こちらは、ルーズシルエットのニット
(ボリュームスリーブ)にハイウエストの
ワイドパンツを合わせています。

低身長さんにとってハイウエストアイテムは
ウエスト位置を高く設定するだけで、
脚長効果になるので鉄板アイテムです。

また、ボリュームニットは華奢だからこそ
簡単&オシャレなヌケ感を作ることができ
ます。

ボリュームシルエットは、上半身をふんわり
と膨らませて見せることができ、デザイン
アイテムなので小洒落感を作ることもでき
ます。

通販サイトでもワイドパンツは2,000円ほど
で購入できますので、気になった方は探して
みてくださいね*

以上、5大お悩み体型カバーコーデをご紹介
しました。

参考になるものはありましたでしょうか?

40代の方でも、ちょっとしたアイテム使いや
シルエットに配慮するだけで、簡単に悩みを
カバーすることができるんです。

まだまだ寒い季節ですが、セールになって
いるブランドもたくさんあります。

お気に入りアイテムをゲットし、
あなたらしいプチプラコーデを楽しんで
みてくださいね。

体型カバーのコツやアイテムがわかったら、
次はアイテムカラーに注目した
「ワントーンコーデ」もチェックして
みましょう*

【プチプラコーデ】40代にオススメのワントーンコーデ